バストアップサプリ > バストアップサプリ-キレイなバストの条件とは?

綺麗なバストを目指しましょう!

バストアップサプリ-キレイなバストの条件とは?

大きなバストは多くの女性共通の憧れだと言って間違いないでしょう。ですが、いくら大きくても形が悪かったり、垂れてしまっているようではキレイなバストとはいえませんよね。

正しいバストアップ方法を実践すれば、大人になってもバストを大きくすることは可能です。しかし、ただ大きくするだけでなく、キレイなバストを手に入れるためにはどうすればいいのか考えてみましょう。
バストアップクリームは効果あるの?

まず、理想的なバストサイズはどれくらいなのかということについてですが、身長によって違ってきます。 身長×0.53~0.55で計算されたサイズが、身長から見た美しいバストサイズだと言われているのでチェックしてみましょう。

そして、トップとアンダーとの差は15センチくらいが理想とされています。もちろん、どれくらいのサイズを理想とするかは人によって違うので一概には言えませんが、身長から見てバランスの良いバストサイズを目指しているということであれば、一つの目安になるのではないでしょうか。

理想のスタイルを考えるうえではよくスリーサイズという言葉が用いられますが、ヒップとバストのバランスも大事です。バストサイズとヒップサイズは同じくらいがいいとされているので、全体的なバランスについてもチェックしておきたいものですね。

バストアップについて考える際には、とにかくバストの「大きさ」にだけこだわってしまう人が多いようですが、もう一つ考えておきたいことがあります。それは、肌質の問題です。

いくらバストを大きくすることができたとしても、胸元にニキビができていたり、肌がくすんでいるようだと素敵なバストの魅力が半減してしまいます。

お風呂で身体を洗う際には、化学繊維で身体をごしごし擦ってしまうのはおすすめできません。化学繊維は肌を傷つけたり、くすむ原因になってしまう可能性があるので、素手で洗いましょう。素手では洗った気にならないという場合は、綿や麻素材で作られた柔らかいタオルを使うといいですね。

バストサイズのコンプレックス

「もっとオッパイが大きかったらなあ・・・。」「バストが小さすぎて、ファッションが決まらない!」 「昔よりも胸の位置が下に下がってきた・・・。」

バストサイズにコンプレックスを抱く女性は本当にたくさんいらっしゃいます。女性のうちおよそ6割が、自身のバストに自身がないと感じている、というデータもあるのです。その悩みのうちの多くが、やはりサイズ不足。

「貧乳すぎてファッションが楽しくない。」「学生時代にバストサイズをからかわれた。」など、多くの女性が自身のバストサイズに不満を抱いています。

もともと貧乳タイプの女性もいらっしゃるでしょうが、若い頃バストに自身を持っていた女性であっても、その自身が永遠に続くとは限りません。

そもそも、バストは乳腺と乳房脂肪体で形成されています。海外の女優さんをテレビで見た時、「なんだかオッパイが硬そう・・・、豊胸かな?」と感じたことはありませんか?

じつは、海外の女性は乳腺質なタイプのバストが多く、それに対して私たち日本人女性は脂肪質なバストが多いと言われています。もちろん豊胸手術を受けた方もいらっしゃるのでしょうが、そうでなくとも海外の女性は日本に比べてバストが硬めだということですね。

これは、日本人女性のバストの柔らかさ、強いては加齢による垂れやすさを示しています。

若い頃、特にバストのサイズにコンプレックスを感じていないタイプの女性であっても、加齢とともに「あれ、オッパイが垂れた?」「むかしより、小さくなった?」となりがちです。

とはいえ、だからと言って「日本人だから、仕方ないのか!」と諦める必要はありません。諦めれば、バストの大きさは変わらないどころか、形は悪化してしまう一方です。自身の努力や工夫でバストアップは 可能です。

若い女性には、若い世代向けの、また大人の女性には、大人の世代向けのバストケアの方法があります。正しいバストケアで、魅力的なボディラインを手に入れましょう。

Aカップがバストアップを成功させるには?

「貧乳すぎて、バストアップが効くとは思えない・・・。」「もともとあるオッパイを大きくする方法はありそうだけど、無いものは大きくなんてできっこないだろうし。」そんな風に諦めてはいないでしょうか?

意外に思われるかもしれませんが、たとえAカップのバストであっても、バストアップの効果を期待することはできます。

とはいえ、バストアップとは、極端に言えばつまり体の形を変えてしまうということです。昨日今日始めたからといって、すぐさま劇的な効果を実感できるはずはありません。

同じように体の形を変える事といえば、女性であれば誰しもが経験した事のあるダイエットが挙げられるでしょう。ダイエットの効果がなかなか現れない、すぐには体重が落ちてくれない・・・。 こんな風に言い換えれば、誰だってボディラインを変える大変さが理解できるはずです。

バストアップもダイエットと同じように、成功のためには根気よく継続していく事が何よりも重要なポイントなのです。バストの成長期として知られる思春期をすぎたバストアップであれば、尚更これが当てはまるでしょう。

このように聞けば、「なんだ、やっぱりバストアップって難しいんじゃない」と受け取れてしまうでしょう。

確かに、「バストアップはすぐにできる手軽な美容手段です!」と紹介することはできません。とはいえ、まったく無意味なケアだともいえないのです。毎日続けていくことで、少しづつ、バストの大きさや形は理想に近づいてくれるはずです。

逆に、何もしないでいる限り、コンプレックスは解決しません。むしろ加齢とともに、バストの形や位置は悪くなってしまう事もありえるでしょう。

バストアップの方法には、様々なものがあります。また、同じように、貧乳の原因も一つではありません。なぜバストが小さいのか、まずはその原因を知り、自分にあったケアと出会ってください。 正しいバストケアを根気よく続けることで、Aカップからのバストアップも決して夢ではないのです。